ゼニックスアルファαの情報サイト

日記

気力が勝ったスムージーダイエット

投稿日:

2年ほど前流行ったスムージーダイエット。
私も意を決して挑戦しました。
結果から伝えると、約五ヶ月でマイナス10キロに成功。
ダイエットプラン、大変だったことと、良かったことを紹介します。
まずはダイエットプラン。
挑戦したのは置き換え+有酸素運動です。
私は一番効果のある夕食置き換えで挑戦しました。合わせて食事量を徐々に減らし、朝食は寒天やヨーグルト、フルーツを中心に。昼食は小さめのお弁当箱に肉・野菜(揚げ物は極力なし)を徹底。夕食は8時までに野菜とフルーツのスムージーをたっぷりとゆっくり時間をかけて飲むようにしました。
炭水化物がどうしても食べたくなってしまうので、お昼に3口ほどのおにぎりを食べることもありました。
慣れるまで辛かったのが、夕食のスムージーを飲んでから就寝までの4時間からある時間。
我慢する、という意識が強まると余計に精神的な負担になってしまうので、夕食後に1時間ほどのウォーキングに行くようにしていました。
気も紛れて有酸素運動となるため、一石二鳥です。
さらにその後は間髪入れず入浴。だいたい半身浴で一時間ほど。スマホをジップロックに入れて持ち込むことで、時間はあっという間に過ぎてしまいます。
つぎに大変だったこと。
食事量の制限は、2週間目くらいに我慢のピークがやってきます。
その時期はイライラしてしまったり、眠れなくなってしまうことがありました。しかしその期間を乗り越えると少ない食事量にもだんだん慣れてきて、ゆっくり食べたり、食事中もこまめに水分を取ることが自然になっていきました。
もうひとつ、目が潰れないことは食材費がかかること。
毎食、大体3~5品目のフルーツや野菜をスムージーに入れます。私が良く飲んでいたのはバナナ・キウイ・ホウレンソウ・レモンのスムージー。
飲みやすくて、お腹にも溜まるので大好きだったのですが、高い時はどれも一つ100円超え。
サプリやプロテインだと一回百円程度で収まるものが、組み合わせによっては一杯500円を超えることもありました。
それでも続けない事には意味がないので、材料が安く手に入るスーパーや青果屋さんを探すこともありました。
もうひとつオマケで伝えさせていただくと、食事を戻すタイミングも難しかったです。急に戻してしまうとすぐに太るのではという恐怖はありましたが、隔日にするなど徐々に戻せば大丈夫でした。
最後に良かったこと。
こちらはありがちですが、便秘が改善され、肌の調子が良くなりました。
もともと便秘体質ではない方には効果が感じられにくいかもしれませんが、便秘だった私はスルスルッという体感を初めてすることができました。
途中の山場、お財布の痛手はありますが、それに対しての対価はしっかりと付いてくるダイエットだと思います。

-日記

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.